キャッシングの手続きが便利な理由 | キャッシング即日融資の超初心者ガイド






キャッシングの手続きが便利な理由

保証人であったり担保が不要である理由について

消費者金融の借り入れや、銀行でのカードローンなどでお金を借りる際には「保証人」であったり、「担保」は不要となっています。
これは借りる側としては嬉しい配慮であると思いますが、なぜこの二つは必要ないのか?それには理由があるのです。
本ページではその点について紹介していこうと思います。

相手の信用を測るための審査

消費者金融であったり、カードローンでの融資の仕組みは、主に「借りる側を信用した上での融資」を基本としています。
そのため、キャッシング会社および銀行で借り入れを行う際には、その前に「審査」を受ける必要があるのです。

この審査では、色々な要項をチェックします。その際に用いるのが「信用情報」そして「申し込みのフォームに入力した内容」です。これらで申し込みした人の年齢や収入、仕事について、そしてこれまでにキャッシングを利用した履歴、返済する能力について細かく、推し量ります。そして総括的に「申し込みした人が信用できる人であるかどうか」をチェックして、それぞれのキャッシング会社が設定している審査のレベルに達していることが確認できれば、それぞれの人の信用度に見合った「借り入れできる金額の上限」をはじき出すことによって融資を最終的に行うのです。
このはじき出された金額が「契約可能額」と呼ばれるものです。各々のキャッシング会社が、「この額なら借り手が問題なく返すことができるだろう」と認めた金額ということですね。

キャッシング会社が赤字とならないための仕組み

上記で「借り手の信用をもとに、融資の可否が決められる」というのはお分かりいただけたと思います。しかし、そうは言っても、借り手がもしも「返済が出来ない状態」になってしまった場合は、返してもらえないし、どうするの?という素朴な疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

ですが、もちろんの事キャッシング会社は、そのような事態も見越した上でサービスの提供を行っています。
つまり、もしも万が一、債権が返してもらえないような事態に陥ったとしても、キャッシング会社が赤字とならぬように、最初の段階で「トータルで損をしないような金利」を設けているのです。
もちろん、その金利は「貸金業法」での上限金利をオーバーするものであってはなりませんが、法で定められている度合いの金利の設定によって、万が一の事態に備えているのです。

他には、もしもの時は「保証会社」にお願いすることによって「代位弁済」をしてもらうこともできます。これはつまり「立て替えて払ってもらう」という事です。
こういった方法を用いることによって、キャッシング会社は利益を上げつつも、借り入れを実現しているのです。

代位弁済を行った後の流れ

先ほど「代位弁済」についての簡単な説明をしましたが、もちろんの事、貸金業者や銀行に対して、借り手の代わりに保証会社が支払いを行っても、借り手の支払い義務が消える、などといったことはないです。借り入れを行った会社にお金を返す必要はなくなりましたが、今度は「代わりに支払ってくれた保証会社」に、そのお金を返す義務が発生します。
しかし、もしその保証会社にも返済することができない場合は「債務整理」を行う必要性が出てきます。この債務整理には「自己破産」であったり「任意整理」といったものが存在します。
ですが、これは行うことによって、借り手には大きなマイナス点をもたらします。まず社会的な信用を無くしてしまいます。その他にも、一定の期間、キャッシングができないなどといったものもあります。

まとめ

このように、キャッシングには「保証人」であったり「担保」が不要であることから、スムーズに便利に使うことができるのができる「利点」はあります。
ですが「キャッシングには、それなりの金利が発生する」という事実を忘れてはいけません。つまり、月々の返済を続けていても「元金」が減るのに時間がかかるなどといった点や、利子による負担がトータルで大きくなってしまうという恐れがあるという事を頭に入れておく必要があるのです。

どうしてもお金がなくてはならない時、キャッシングはスピーディーな買い入れを実現できるため、非常に役立ちます。
しかしキャッシングは気軽には行わずに「どうしてもお金がなければ困る」という事態のみに限定しておくことがポイントです。
結果的に自分の負担となってしまっては、元も子もないですからね。