主婦の方のキャッシングについて | キャッシング即日融資の超初心者ガイド






主婦の方のキャッシングについて

主婦の方の借り入れの注意点について

いま、ここ日本でキャッシングは徐々にメジャーな存在となりつつあります。
キャッシングを利用する層として多く見られるのは会社員の男性ですが、主婦の方も「どうしても、いまお金が必要・・・でもない!」そう思うシーンには度々遭遇しますね。例えば友達との付き合いでの出費、買い物、家計のやりくりが厳しい・・・そんな所でしょうか。
急に必要となった費用の助けとなる存在がキャッシング会社ですが、お金を借りるためにはそれぞれの会社の審査基準を満たして、クリアする必要があります。
ここでは「主婦の方が借り入れをする際の、審査基準となるポイント」について紹介していきます。ぜひご参考いただけたらと思います。

仕事をしている主婦のケース

まずは「仕事をしていて収入がある主婦」のケースです。アルバイトであったりパート等で給料をもらっている方については、それぞれの金融機関(銀行系、ノンバンク系の両方)が決めている「申し込むための基準」さえクリアしていれば借り入れの申請が可能となります。
それぞれの金融機関ごとに、どういった基準を満たせばOKか、というのは少しずつ違いがあります。しかし概ねは、「月々もらっている収支は安定したものであるかどうか」、「いまの仕事にはどれぐらいの機関就いているのか」、「何歳であるか」、「現在の信用情報に登録されている内容」、といったものをチェックした上で判断されることとなります。
それらの中でも、最も重要なポイントは最初に挙げた項目の「月々に、それぐらいの収入を手にしているか」という部分です。形態がアルバイトやパートであっても、定期的に安定した給料をもらっているかどうかが、審査を通過する上での重要な点となるのです。
次に、キャッシングを希望している方がこれまでに借り入れたお金を滞納したことがあったり、債務整理をした事があるかどうか、といった点が大きな判断材料となる事は間違いないです。
もしもこれまでのキャッシングの返済の状況であったり利用の状況に危惧される部分があると判断された場合は、審査をクリアする事が適わない、そんな事も案じられます。
これまでの利用状況にちょっと不安があるかも?そう感じている主婦の方であれば、前もって信用情報の開示をしてもらって、自分自身の登録内容をチェックしてみても良いかもしれません。

では専業主婦のケースなら?

上記では収入のある主婦の方のケースを解説しましたが、逆に専業主婦の方はどうでしょうか。収入の無い方が「自分自身の名義」で借り入れを行いたいケースにおいては「総量規制」が当てはまっていない「銀行」で借り入れを行うこととなります。銀行には「専業主婦の方に向けたローン」を売り出しているところがあります。そこで主婦の方は審査を受けることが可能となるのです。
この審査で判断に用いられる材料となるのは「申し込みをした人が、どれだけ信用できる人物であるか」です。それを測る上で参照されるのは「申し込みした時の申告内容にウソはないか」「これまでのローンなどの返済状況はどうか」「他の会社での借り入れはどのような状況であるか」「これまでに債務整理を行ったことはあるかどうか」といった事項です。
その他には、ケースによって、ですが、審査の判断材料に「家族の借り入れの状況」もプラスされることもあります。たとえば申込者自身は信用情報にマイナス点はなくても、家族の中に債務整理をしたことがある人などがいると審査の上でデメリットとなることがあるのです。これはたとえば、本人が融資した借入金を、家族の借金返済に充当するのかもしれない、という風に疑われるためでもあるのです。

まとめ

本項目の内容を要約すると、「働いて収入を得ている主婦の方であっても、そうではない専業主婦の方でも、審査の時には詳細に渉り信用情報は確認される」ということです。
それぞれの金融機関が、どのような判断により審査を行っているのか、というのは公には開示されていないことです。しかし最低限気をつけておくべき点として挙げられるのは「それぞれの会社の申し込み基準はクリアしている」という点「申込書には本当の事を書く」という点、「これまでの借り入れの状況および利用履歴においてこれといった問題がない」といったことでしょう。