CMに見られる「アコム独自のアピール」 | キャッシング即日融資の超初心者ガイド






CMに見られる「アコム独自のアピール」

年々キャッシング業者の印象は変わってきています

従来まで、私たちは「キャッシング業者」というものに対して、ややマイナスな印象を抱いてきましたが、近年になってそういった印象は徐々に解消されつつあります。
お金を直接やり取りするという、その業態が理由となっていますが、少しずつ利用者との溝は埋まりつつあるように感じます。

この背景には、キャッシング業者が率先して、親しみやすいイメージを持たせるべくプロモーション戦略を行ってきたことが挙げられるでしょう。
ではアコムは、テレビのコマーシャルをはじめとする広告により、どのようなアピールを行ってきたのでしょうか?紹介しましょう。

そもそもアコムってどういう意味なの?

キャッシング会社の最大手であり、知名度もトップクラスに高い会社であるアコムですが、この「アコム」という社名がどのようにして誕生したについてはご存知ない方が殆どでしょう。
このアコムの「A」は愛情を意味する言葉である「Affection」そして「CO」は信頼を意味する言葉の「Confidence」、そして最後の「M」は節度を意味する「Moderation」、これらの3つの単語の頭を組み合わせたオリジナルの言葉なのです。
そしてこのアコムは平成20年よりMTFGを親会社として、ますますその会社としての規模と活動範囲を大きくしているのです。
またアコムは、利用者からその使いやすさを高く評価されています。店舗に直接足を運ばなくても契約の申し込みが可能であり、年中無休で常に利用することができるという便利さなどがその評価の理由となっています。

好感度の高いタレントを多数起用

これまで消費者金融の会社は、そのコマーシャルに数多くの有名人を起用し続けてきました。もちろんアコムも多分に漏れず人気のタレントを数多くコマーシャルに出演させ続けてきたのです。
それらの中でも2009年に起用されていた「タモリ」さんが印象に残っているという方も多いと思います。
国民的人気タレントであるタモリさんが出演することによって、アコムの会社としてのイメージも大きく変化したと言えます。
その他にも、これまでにアコムは好印象の人気有名人を数多く抜擢し続けてきました。そして今現在も、幅広い年齢層から高い人気を持っているタレントである「永作博美」さんが登場し、大きく注目を集めていますね。

親しみやすいコマーシャル

アコムが印象がここまで消費者金融として親しみやすいものとなった背景として、上述した通り、コマーシャルの存在は無関係ではありません。
数々の魅力的なタレントをコマーシャルに抜擢し続けてきたことも成功の要因となっていますが、アコムが宣伝で人気を集めたのにはもう一つ理由があるのです。

それは「♪はじめてのアコム」を筆頭とした「親しみやすい宣伝フレーズ」を生み出した点にあります。
これが高感度の高いタレントの起用と相まって、従来の消費者金融に対する「なんとなく怖い」という印象を見事に払拭したと言えるでしょう。
そして皆さんは、以前アコムのCMに出演していた「可愛らしいワンちゃん」の存在を覚えていますでしょうか?
利用者との距離を縮めるべく、親しみやすい宣伝を行い続けてきたアコムの印象は、このようなマーケティングの巧みさによって、とても良好なものとなっているのです。

またフレンドリーなイメージを持たせるだけではなく、しっかりキャッチフレーズによって印象を与えることも忘れていません。
「お金を借りるための会社」として重要なポイントは、どれだけ安心感を持たせるべくアピールできるかということを熟知しているアコムは、現在もますます私たちの生活の身近な存在となっています。