キャッシングを利用すると、何か不利になることはありますか? | キャッシング即日融資の超初心者ガイド






キャッシングを利用すると、何か不利になることはありますか?

急な入用ですぐにお金が借りられるキャッシングはとても便利ですが、注意しておきたいのはデメリットです。
キャッシングはメリットのほうが多いと思われがちですが、少なからずデメリットもあります。
前もってそれを確認しておけば安全な利用できるので、ぜひ利用前にメリット・デメリットを調べておきましょう。

キャッシングの利用で不利になること

キャッシングの利用そのものが不利になるケースといえば、家を新築する時があります。
家を建てるときは住宅ローンを組むのが一般的ですが、実は住宅ローンの審査が行われるとき、キャッシングの利用履歴があると、そのことが不利に働く可能性があります。

この点は利用金額と返済状況によって異なりますが、住宅ローンを提供する会社としては神経質になるところです。

  • 端的にいえば、キャッシングの利用金額がとても高額で、なおかつきちんとした返済が行われていない、あるいは金融事故の履歴があるときは、住宅ローン審査が却下される恐れがあります。

    • 逆に、利用金額が小額で、返済の遅延もない、金融事故も何もなければ、住宅ローン審査が通る可能性が高くなります。

      要は、キャッシングの利用内容が審査に影響を及ぼすと考えておけばいいでしょう。

      一方で、どういった利用内容であろうと、一度キャッシングを利用するとその事実は個人信用情報機関に登録されることになります。
      この履歴は数年間は残ることになりますが、こうして記録が残ること自体がデメリットだととらえることもできます。

      キャッシングを利用することで有利になる場合も

      キャッシングを一度利用すると、その事実は信用情報機関に登録されるので、その点ではリスクがあるといえるでしょう。
      しかしもしそこで返済の遅延などをせず、常に期日どおりに返済して信用を得ることができれば、そのことが後にプラス材料に働く可能性もあります。

      例えば、新規にクレジットカードの申請を行う場合、カード会社は審査のために申込者の信用情報をチェックしますが、そのとき、過去の取引がクリアーだったことを信用情報機関で証明することができれば、そのことによって審査に通りやすくなるでしょう。

      このように、利用の仕方に問題がなく、それどころか信用を高めるような真摯な利用履歴を作っておけば、キャッシングを利用したことが逆に自分にとって有利に働くこともあります。

      ただし忘れてはならないのは、返済期日を守れなかったり金融事故を一度でも起こしてしまうと、キャッシング利用によって一気に不利な立場に追い込まれてしまいます。