キャッシング即日融資の超初心者ガイド






キャッシング即日融資の極意

消費者金融や銀行でお金を借りたいけど、
どうしても今日中に間に合わせたい・・・。

そんな方に向けて、「即日キャッシングの極意」について解説します。

ネットで申し込みを行う

皆さんは、「キャッシング」と聞くと、どのような方法を思い浮かべるでしょうか?

消費者金融や銀行まで直接足を運んだり、無人契約機で手続きを行う方法をすぐに思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
現在でもこれらの方法で手続きは行えますが、スピードを優先するなら、「ネットでの申し込み」が最も便利なのです。

大半のキャッシング会社は、年中無休で一日フルで受付を行っています。
よって借りたいと思った時には、スグ手続きを始めることができますが、キャッシングの肝となる「審査の時間」は、それぞれの会社の営業時間にしか行えないのです。

インターネットの最大の長所は、審査の結果をスグに知ることができる点です。ですので少しの空いた時間に申し込みだけを行っておくことができます。
そして今では、契約に至るまでの「全ての手続きの手順」を行うことができるのです。

この手続きの進歩により、店舗などに足を運んで、書類の不足があって、もう一度家にトンボ帰り…などといった「時間のロス」を大きく短縮して、自宅などで気軽にストレス無く手続きを行えるようになったのです。

すぐに借りたければ、ネット申し込みをすること。

すぐに借りたいなら「消費者金融系」を利用する

もしも最速でのキャッシングを考えているのなら、銀行での借入は選択肢から外すのが賢い考えであると言えます。

なぜなら銀行は「3段階の審査(仮審査、本審査、そして、保証会社による審査)」の手順を踏まなければならないため、どうしても時間がかかってしまうからです。

ですので急ぎでのキャッシングが希望なら、消費者金融系を選ぶのがベターになります。
そして、消費者金融の中でも「大手の業者」を利用するのが即日キャッシングのコツです。
なぜなら中小の会社は、概ね「振込での借入」のみとなっている点で不便であり、加えて即日の融資が難しいケースが多いからです。

この大手消費者金融の中でも、スピードに特化している会社はアコム、そしてプロミスです。

長期的な返済をお考えなら銀行系

銀行でのカードローンは「金利の安さ」をセールスポイントとしています。
そのため、もし貴方が長期的な利用を考えているなら銀行カードローンの方がお得であると言えるかもしれません。
しかし、「できるだけ早く借りたい」と思っているなら断然「大手の消費者金融」がオススメなのです。

銀行が「低価格」を売りにしているのに対し、大手の消費者金融は、「融資の早さ」を最大のセールスポイントとしています。
その点においては銀行とは差をつけていますし、その「利点」によって銀行カードローンを上回る「市場占有率」を得ることに成功しているのです。

すぐに借りたければ、大手の消費者金融。長期での返済を希望なら銀行系を利用すること。

本人確認書類(身分証)を忘れずに

キャッシングを行うためには、「本人であることを確認するための書類」が必要となります。

証明書として利用できるのは「免許証」「保険証」「住基カード」「パスポート」「年金手帳」です。
以上のものを所有しているのであれば、支障なくキャッシングをすることができると思います。

注意すべき点は「住民票は使えない」という事です。なぜならこれは、本人でなくとも入手できる書類だからなのです。

主に消費者金融は上記の中から一点あればOKですが、銀行でお金を借りる際には、2点なければならないケースもあります。

さらに、現在は便利となったので、スマートフォンなどで上記の書類を撮影したものでも有効となっています。
前もって準備を行っておけば、いざという時に安心かもしれません。

便利な無人契約機

もしも、銀行口座への振込での借入限定で即日融資をしたいならば、銀行口座への入金反映が間に合う「午後3時」までに間に合わせなければならないことになります。

この時間をオーバーしてしまうと、振込は次の営業日以降となってしまうからです。
要するに、かなり早い段階で準備をしておかなければ、「借入失敗」ということになってしまいます。

午後3時を過ぎても今日中にキャッシングするテクニック

ここで紹介するのは、「タイムオーバーを延長するための方法」です。そのカギとなるのが「無人契約機」なのです。
順を追って説明します。

最初に「ネットでの申し込み」をしておきましょう。
そして次に、その申し込みが審査されている間に、近くの「無人契約機」へと向かいます。そして、その無人契約機の中で、「契約に必要な書類」を出し、契約まで全て行ってしまうのです。

知らない方も多いのではないかと思いますが、無人契約機は「カードを発行する」こともできるのです。

カードは他の手続き方法であれば、家まで送られてくるのにおよそ1週間ぐらいかかります。ですが無人契約機で契約を行うことによって、スグにカードを手にすることができるのです。

この方法を行うことによって、「昼過ぎまでに全ての準備をしなければならない」という過密な状況ではなく、「無人契約機が使用できる21時までタイムリミットが延長する」ことが可能となるのです。

ここでのポイントは、「審査の申し込みをネットで先に行っておく」という部分です。
早い段階で審査をクリアしていることによって、残された手続きは「書類を提出する」などといった、30分ほどで完了することのみとなりますので、スムーズな借入が可能となるのです。

さらにコツとしては、審査が完了した連絡を電話で受けた時に、「これからスグに無人契約機に足を運んで契約を行う」という件を話しておきましょう。
これによって、電話受付のスタッフさんが、その際にどのような書類が必要であるかについて説明してくれますので、ミスが減ります。

最後に無人契約機を導入している会社について紹介していきましょう。
まずはプロミス、そしてアコム、さらにアイフル、続いてモビット、そして新生銀行カードローンであるレイク、そしてノーローンです。

50万円未満を基準に借りる

もし貴方が今日中にお金を借りたいなら、「50万円未満」に標準を絞り手続きを進めるのがベストです。

なぜなら、50万円以上を消費者金融が融資する際には「貸金業法」に基づいて、借り手に「収入証明書の提出」が求められるからなのです。

この証明書には次のものがあります。
まずは源泉の徴収書、そして給料の支払いの明細、そして支払いの調書、さらに確定申告書、そして納税の通知書等といったものです。

上記の「収入証明書」は、契約時に必要な「本人確認用の書類」とは違って、用意するのに時間が掛かるものが多いのです。
また取得するための役所も「夕方まで」と受付の時間が限られているため、仕事後に行くのも困難な場合が多いです。

そして、即日でのキャッシングをしたい方の用途も、生活費の補助や、緊急時の娯楽などに使う費用などと言ったケースが多いと思います。

「返せる額ではあるけれど、今すぐは用意できないから借りたい」、こういった理由のキャッシングが多いと思いますので、50万円以上必要である場合というのはあまりないシチュエーションではないでしょうか。
急ぎの際には「借りすぎず」適度な額のキャッシングを心がけましょう。

すぐに借りたければ、50万円未満を借りること。

指定の銀行口座で利用できるお得な情報

ここで紹介するのは、「指定の銀行口座」をすでに持っている方が利用できる「キャッシングお得情報」です。

銀行ごとに紹介していますのでチェックしてみてください。

三井住友銀行の口座

「三井住友グループ」の会社である「プロミス」は、1年中24時間、「メンテナンス時」を除き、上記口座への振込の「即時反映」が可能となります。
また「アコム」も、初めての振込のケース限定で、振込が行われる時間が「19時」まで伸びます。

ジャパンネット銀行の口座

「プロミス」が1年中、「メンテナンス時」を除き、上記口座への振込の「即時反映」が可能となります。

ゆうちょ銀行の口座

「アコム」が、初めての振込のケース限定で、振込が行われる時間が「19時」まで伸びます。

三菱東京UFJ銀行の口座

ゆうちょ銀行同様、「アコム」が、初めての振込のケース限定で、振込が行われる時間が「19時」まで伸びます。アコムは三菱東京UFJ銀行グループの会社です。

楽天銀行の口座

「アコム」と「ノーローン」に関しては、1年中、「メンテナンス時」を除き、振込の「即時反映」が可能となります。